院長ブログ

【ヒアルロン酸注入 持続効果】ヒアルロン酸注入の効果はどれぐらい持続するのか

ヒアルロン酸注入の持続効果について紹介

美容医療の中でも注射だけで行えるヒアルロン酸注入は様々な美容の悩みに対応できることで人気です。
ヒアルロン酸注入の効果の持続期間も知っておきたいですが、個人差もあるものの、一般的に
3~6ヶ月程度は持続するとされています。

ヒアルロン酸の施術方法

ヒアルロン酸注入は手軽な治療でありながら高い美容効果を得られる方法です。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ということで安全性にも優れています。ヒアルロン酸注入の顔回りでの施術はほうれい線を目立たなくする、額の横じわを改善するなどシワへの対応があげられますし、このほかにも鼻を高くする、顎を前に出す治療にも採用されています。
さらに、頬をふっくらとさせて若々しさを取り戻す治療や薄い唇をふっくらさせるなどの治療も注射だけで行うことができます。

ヒアルロン酸の持続期間

ヒアルロン酸の持続期間は個人差があるものの、3~6ヶ月程度とされており、効果が切れると治療を繰り返すこととなります。注入されたヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収されていき、美容効果も薄れていくこととなります。できるだけ長く維持できるほうが良いですが、ヒアルロン酸の注入量が多くなればなるほど吸収も遅くなり、長く効果を維持できるとされています。
施術の際はどれぐらいの量が適正なのか、持続期間なども良く確認しておくことがおすすめです。

持続期間を伸ばせるヒアルロン酸もある

ヒアルロン酸注入に使用する薬剤も色々な種類があり、最近はより長く効果を持続できるものもあります。ヒアルロン酸の粒子が大きいタイプは吸収を遅らせることができ、より持続期間も長くなります。
長く良い状態を保ちたいという人にはおすすめですが、こうしたヒアルロン酸は価格も高めになることが多くなっています。
美容医療は保険適用はされませんので、ヒアルロン酸注入の施術を受ける前は無理のない価格で治療が受けられるかも良く確かめておきましょう。

稀に吸収されず残る場合もある

ヒアルロン酸注入で注入されたヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収されてなくなっていきますが、まれに吸収されずに残ってしまう場合もあります。
一部に少量を注入するよりも大量に注入するほうが残る傾向にありますし、深い部分よりも浅い部分に注入するほうが長く持続することが多くなっています。
もともと体内にある成分ですので、体に残った場合も特に心配はないとされています。保水効果も高いので、残った部分は肌がみずみずしくなることも期待できます。
元に戻したい場合はヒアルロン酸を分解する薬剤を注射すれば戻せます。

ヒアルロン酸注射は状態や体質によっても変わるため施術を受ける際は担当医と十分をカウンセリングが必要

ヒアルロン酸注入は簡単な治療というイメージもありますが、良い仕上がりにするためには医師の高い技術力やセンスの良さが必要です。そして誰もが同じ治療で良いというわけではなく、それぞれの状態や体質により注入量や注入する場所も変わってきます。
それゆえ、良い仕上がりを得るためには事前のカウンセリングも重要です。理想通りの仕上がりにするためにもカウンセリングは十分に時間を掛けて行い、納得の上で治療を進めていきましょう。

ご予約・ご相談(完全予約制)はこちらから

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します
ご予約・お問い合わせ ページTOPへ