切るフェイスリフトなら東京の専門クリニック恵比寿美容外科

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します

院長ブログ

第26回 『リガメント法ってどうなんでしょう?』

フェイスリフトでよく頂く質問を、カウンセリング中の会話形式でお答えさせて頂きます。

患者さん
『SMASから引き上げているというのはわかりました。
私、今回フェイスリフトを検討し始めて、自分なりに調べてみたんです。
そうしたら、リガメント法っていうのを見つけて。
フェイスリフトをするならリガメントの処置をしないと効果がないって書いてあったんですけど
そもそもリガメントってなんですか?
これはどういう方法なんでしょうか?
せっかくやるならしっかりとした効果が欲しいんですが、この方法ってどうなんですか?』

わたくし
『リガメントっていうのは靭帯のことです。
リガメント法っていうのは、口の辺りまで大きく皮膚を剥がして、顔の皮膚の下にある靭帯を切ってリフトアップする方法です。
戻りを少なくするということを目的に行われています。
ただ、剥がす面積が広いと、術後の腫れや痛みは相当強くなりますし、神経損傷のリスクも高まります。
手術時間も長引くので当然料金は高くなります。
だけど、全く戻らないかというと意外とそうでもないんです。
この手術を受けた患者さんから、「戻らないと言われてやったけどあんなに腫れて痛かったのに戻ってしまった」という感想を聞くことが少なくないんです。』

患者さん
『そうなんですか!!想像していたよりも大変そうですねー。
顔の事ですし、神経損傷のリスクが高まるなんて怖いです。
仕事をしているし、パンパンに腫れたり、痛みが強いと困ります!
しかも、戻らないわけではないんですね。』

わたくし
『正直なところ、どの方法でも全く戻らないという事はありません。
私はどちらの方法も検討してみましたが、デメリットの大きさを考えるとリガメント法で行う価値はあまりないと考えています。
また、リガメント法でないと効果がないということは絶対にありません。
実際、私の手術を受けた患者さんのほとんどの方が満足してくれていますし、私自身も納得のいく結果が出せていると思っています。』

患者さん
『そうなんですねー。
よくわからずになんとなくいいかなと思っていましたが、ちゃんと考えた方がいいですね。』

わたくし
『フェイスリフトといってもいろいろな方法がありますし、それぞれにメリットとデメリットがあります。
どの先生も、いろいろな考えのもと、それぞれ一番いいと思う方法で行っているはずです。
もし迷っているなら、いくつかのクリニックにカウンセリングに行くことをお勧めします。
先生ごとの考えや方法、どの程度の効果が期待できるのかなど、詳しく聞いてみて ご自身にあった方法、クリニックを選択なさるといいと思います。
ドクターとの相性もありますしね。』

患者さん
『そうですよね。後悔しないよう、じっくり検討したいと思います。
ありがとうございました。』

ご予約・ご相談(完全予約制)はこちらから

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します
ご予約・お問い合わせ ページTOPへ