切るフェイスリフトなら東京の専門クリニック恵比寿美容外科

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します

若い方にも切るフェイスリフトをお勧めできる理由

なぜ若い方にも切るフェイスリフトをお勧めできるのか

予防としての見えない効果が期待できる

当院は切るフェイスリフトを専門としているクリニックですが、実は20代の方からの問い合わせも結構あるんです。
もちろん冷やかしでもなんでもなく、20代としての切実な悩みで、ほうれい線やあごのたるみが気になるのだとおっしゃいます。

よく聞かれるのが、「切る手術はまだ早いですか?」ということ。
これはもちろん早いと言えば早いです。
ではその次、「手術する意味はないですか?」という質問。
これは実は意味があり、20代でも切る手術をする価値は充分にあるのです。

だってもともとシワがないのに・・・なんで?
そうなんです。
当院に来られる20代の方は特別シワが深いというわけでもなく、普通の20代です。
本人はある程度気にしているようですが、客観的にはほとんどシワはありません。
それでも切るフェイスリフトは意味があるのです。
それは「予防」の効果です。

切るフェイスリフトに、私は2つの意義があると思います。
1つは引っ張ってたるみが減るという、目に見える効果。
もう1つは、ホホにハリが出るので今後ほうれい線が深くなりにくくなるという、予防としての目に見えない効果です。

20代でたるみを気にし、ましてや切る専門の当院にお越しになる方は、アンチエイジングに意識の高い方です。
既に20代で気になっている方は、親の顔を見て自分の将来を予想し、どんどんたるみが気になってきます。

カウンセリングの際は耳の周りで皮膚を引っ張って、予測される術後の状態を見て頂きますが、半分くらいの方は『え、全然変わらないですね。』とおっしゃいます。
もっともなご意見です。だってもともとたるみがほとんどないのですから。
ただ中には、客観的にはそれほど変化がないように見えるのに『こんなに上がるんですか』という方もいらっしゃいます。

大事なのは今目に見える変化は大きくないとしても、切るフェイスリフトは確実にたるみを取り除くことのできる唯一の方法だということです。
20代の方でも、当院で切るフェイスリフトをすれば指の幅1本くらいでたるみを確実に取り除くことが出来ます。
『たるみを取る』イコール『シワが改善』というわけではありません。
元々ないシワを取ることは出来ませんが、たるみを確実に取ることが出来るのが切るフェイスリフトなのです。

20代のようなたるみが少ない方が得られる効果は『予防の効果』です。
親の顔を見て確実に自分にも出るであろうほうれい線やマリオネットラインを、それが出る前に出来にくくすることが出来るのです。
余分なたるみを取るとホホにハリが出ますので、シワが出来るのを遅らせることが出来ます。
シワが出てから治すのではなく、シワが出来にくくなるように予防する、若い方が切るリフトをすることで、このような効果を得ることが出来ます。

当院では20代の方に切るフェイスリフトを特に強く勧めるわけではありませんが、20代の方がやってもムダということは全然なく、予防の意味で考えることが出来れば切るリフトを受ける価値は十分にあると考えます。

ご予約・ご相談(完全予約制)はこちらから

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します
ご予約・お問い合わせ ページTOPへ