切るフェイスリフトなら東京の専門クリニック恵比寿美容外科

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します

目の下のたるみ

目の周辺のたるみは他人に与える印象を悪くする

そもそも、たるみというのは老いを象徴するようなものでどの部位にできたとしても望ましいものではありません。そして目元と言うのは顔全体の美観の問題ではなく人間性の印象にも影響するものです。

目の上であっても下であっても、この付近にたるみが生じてしまっていることは、他人だけでなく、誰よりもあなた自身が毎日ネガティブな気持ちにさせられてしまっているのではないでしょうか。一番の問題はそういうことだと思っています。

目の下のたるみの原因

原因1: 加齢によるコラーゲン・エラスチンの減少

肌のハリを保つために欠かせない真皮中のコラーゲンとエラスチンは、加齢とともに減少。
ハリが保てなくなることでたるむ。

原因2: 紫外線

紫外線はコラーゲンとエラスチンを壊す外的要因。
紫外線を多く浴びてしまうと、ハリが保てなくなりたるむ。

原因3: 乾燥

肌のバリア機能は、保湿成分であるヒアルロン酸とセラミドによって作られている。
肌が乾燥されると、バリア機能が失われる。

原因から対策をどう考えるか?

原因が分かったとして出来る事は「更にひどくなるのを食い止める」ことだけだと言うことです。

これは残酷な事実のように思うかもしれませんがここでは非常に大切なことだと考えて下さい。
なぜならば、原因分析があまり意味のない事であるという理解が「あなたの求める本当の解決策」につながるからです。

最も大切なのは現状分析

見つめるべきは「たるみはすでに出来てしまっている」という事実なのです。
だから「それなりの施術を決断していただくこと」があなたの悩みを解消する一番の近道となります。。

しかしここでもう一つ、考えなければならないことがあります。

それは… 「どの施術が一番あなたに適切なのか?」

これが最も大切なことです。

あなたのためだけの、“オーダーメイド”での提案を

どれくらいの効果を期待するのか?
どのくらいの期間で治したいのか?
予算はいくらまでか?
そこから導かれる施術方法は何か?
その施術は肌質・体質に合っているのか?
その施術はたるみの状態に適切に作用するのか?

これに対する回答は、あなたがWebを使って一人で調べていても分かりません。

あなたとの問診の中で実際の状態を目で見て確認して
初めて適切なご提案ができるものです。

目の周辺からたるみがなくなって生まれるものは自信です。
もしあなたが明確に成果の出る施術をお求めであればご相談は無料ですので恵比寿美容外科へ一度だけ足を運んでみて下さい。

目の下のたるみの施術方法

目の下のたるみ取り

まぶた、目の下にたまった皮膚のたるみ取りで以前の若々しい目を取り戻す手術です。たるみ取りは高度な技術と豊富な経験を要するため、大変難しい手術ですが当院はアンチエイジング手術専門ですので安心してお受け頂けます。

当院の目の下のたるみ取りはまつ毛の生え際のすぐ下の部分で切ることで、なるべくキズが目立たないように心がけています。
脂肪が多いことが原因で重たく見えている方も多く、同時に除去することでよりスッキリとした仕上がりになります。

目の下のたるみ取りの詳細

ご予約・ご相談(完全予約制)はこちらから

ご予約・お問い合わせ 院長が直接対応します
ご予約・お問い合わせ ページTOPへ